キャッシングの返済に遅れると延滞という状態になります。延滞には金利のほか、遅延損害金という別の利息まで発生し、返済がかなり大変になります。
遅延損害金も通常の利息と同様、1日毎に発生します。万が一延滞をしてしまっても、できるだけはやく返済をしてしまうべきです。

なお、短期間の延滞ではあとでまとめて返済をしてしまえば問題は起きませんが、延滞が長引き始めるとさらに面倒なことになります。
現在では数日程度の遅れが出た時点で延滞が起きていることを知らせる通知が届きます。それでも延滞が解消されないなら、電話連絡。
それでも連絡がつかなければ、社員が直接出向いてコンタクトをとろうとします。
それでも音信不通の状況が続けば、延滞から2ヶ月が経過した時点で利用停止、一括返済を求められることになります。
やむを得ない延滞であっても、電話連絡などには必ず応答しましょう。