キャッシングには利用可能枠というものが設けられており、当然ながら借りられる上限があるわけですが、場合によってはその限度額を増額(増枠)する事が可能です。
増額には一時的な増額と永久的な増額の2種類があります。
どちらを望むにしても、それを受けられる条件を満たした上で申し込み、審査に通る必要があります。
審査の難易度は前者、すなわち一時的な増額の方が緩めです。
増額の基本的条件としましては、まず入会から一定期間過ぎている事が必要です。
目安は半年、長いところでは1年という事もあります。
また、過去のキャッシング利用において返済が滞ったりしているようでは論外です。
しかしながら、滞りなく返済するというのは意外と多くの方が出来ていません。増額とは信頼の証でもある事をお忘れなく。